理事長ごあいさつ

社会福祉法人ふじの実会
理事長 畠 山  博

 皆様には、日頃から当法人の事業運営につきまして、ご理解とご支援をいただき、厚くお礼申し上げます。
 さて、当法人は、昭和59年1月に設立の認可を受け、創設以来、「地域に根ざし、地域に開かれた施設運営」を基本に、人と人とのつながりを大切にし、真に福祉を実現するため地域との連携と交流の深まりの中で「生命の尊さ」、「勤労の喜び」、「感謝の心」を学び、「いつでも、どこでも、誰からも愛される」施設づくりを目指しているところです。
 この創立の理念を遂行するために、利用者お一人おひとりのニーズに応じた多面的支援が可能となるよう、「支援、実習活動、選択活動、地域交流」等々、生活の場を地域社会に求めながら行政及び関係機関との連携のもとに福祉の推進を図っております。
 こうした中で、法人の取り組みに応えるように利用者の皆さんは、家庭においては勿論のこと、社会においても確実に適応できるようそれぞれ自立を目指して励んでおります。
 今日、少子高齢化、人口減少社会の到来、家族や地域社会の変容に伴い、福祉ニーズが多様化・複雑化する一方、措置から契約への移行、社会保障費の増大、多様な事業主体の参入など、社会福祉法人を取り巻く環境は大きく変化しております。
 当法人といたしましては、これからも社会環境の動向を踏まえながら、総力を挙げて社会福祉の向上を目指し、その公共的使命を果たせるよう、役職員一同、一層の努力を重ねてまいります。
 どうぞ、今後とも当法人に対しまして、深いご理解をいただきますとともに、なお一層のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。