沿 革

昭和55年8月 東磐井郡手をつなぐ親の会で施設の設置運動
昭和56年8月 両班地区広域市町村圏協議会が広域圏事業として決定
昭和57年7月 岩手県議会で陳情採択
昭和59年1月 厚生大臣より法人認可「社会福祉法人ふじの実会」
昭和59年4月 知的障害者更生施設ふじの実学園開設(定員50名・短期入所2名)
昭和60年3月 ふじの実会後援会発足
昭和61年4月 ふじの実学園定員増(定員50名→60名)
昭和62年4月 ふじの実学園重度棟(定員30名)開設(定員増60名→90名)
平成4年4月 知的障害者福祉ホーム並木寮開設(定員10名)
平成5年7月 国保藤沢町民病院(現・一関市国民健康保険藤沢病院)に
軽食まごころ・ふれあいショップまごころ開設
平成6年5月 法人運営に評議員制導入 町内43自治会
平成11年4月 グループホームなみき開設(定員6名)
平成12年4月 知的障害者更生施設第二ふじの実学園開設(定員60名・短期入所4名)
平成12年4月 ふじの実学園定員減(定員90名→60名)
平成13年4月 知的障害者授産施設(通所)ワークジョイふじの実開設(定員20名)
グループホームたかだ開設(定員4名)
平成14年4月 グループホームたてさか開設(定員4名)
平成15年4月 グループホームたけこま開設(定員6名)
平成17年4月 ワークジョイふじの実 黄海地区移転 定員増(定員20名→30名)
平成18年4月 グループホームたかだを廃止・グループホーム二日町を開設(定員4名)
平成18年10月 共同生活援助事業所ふじの実指定(5ヶ所のグループホームを統括)
相談支援事業所ふじの実指定
平成19年4月 福祉ホーム並木寮を廃止・グループホームにいぬまを開設(定員10名)
平成20年4月 ふじの実学園定員減(定員60名→52名)
平成21年4月 グループホームならい開設(定員3名)・グループホームくぼた開設(定員4名)
障害福祉サービス事業所ワークジョイかわさき開設
(定員:就労継続B型10名、自立訓練6名、就労移行6名)
平成21年7月 ふじの実学園定員減(定員52名→40名)
平成21年10月 共同生活援助事業所ふじの実をグループホーム・ケアホーム事業所ふじの花に移行
平成22年3月 ※ふれあいショップまごころは4月からワークジョイかわさき就労支援事業に移行
平成22年10月 指定障害者支援施設第二ふじの実学園に移行(定員:生活介護60名・施設入所60名)
平成23年4月 指定障害者支援施設ふじの実学園に移行
(定員:生活介護34名・自立訓練6名・施設入所40名)
ホームかんとりぃ開設(定員4名)
平成24年1月 障害福祉サービス事業所ワークジョイふじの実に移行
(定員:生活介護10名・就労継続B型20名)
平成24年6月 相談支援事業所ふじの実 から地域生活サポートセンターふじの実へ移行
平成26年4月 グループホーム・ケアホーム事業所ふじの花から、グループホームふじの花へ名称変更
平成28年4月 地域活動支援センターうまっこひろば開設(地域生活サポートセンターふじの実)
平成29年3月 ワークジョイかわさきの就労移行支援を廃止、就労継続支援B型の定員増(定員20名→30名)
平成29年9月 二日町ホームを閉所
平成29年10月 あかにわホームを開所(定員6名)